続けるためのコツ

増やしたい行動と減らしたい行動
ここからは、行動療法的なアプローチでオナ禁を続けるコツをご説明します。

実は、新しい習慣というものは、2種類に分けることができるのです。
それは行動を増やす習慣と、行動を減らす習慣の2つです。

行動を増やす習慣とは、たとえば英語学習のことです。
今までやっていなかった「勉強」という行動を増やして、英語を身につけようとするわけです。ほかにも、筋トレやランニング、日記、掃除などが増やしたい行動に当たります。

一方、行動を減らす習慣とは、たとえば禁煙のことです。
今まではやっていた「タバコを吸う」という行動を減らして、健康を目指しています。ほかにも、糖分や酒の摂取、怒り、ネットやゲームのやりすぎなどが減らしたい行動に当たります。

オナ禁はどちらでしょうか?

簡単ですよね。行動を減らす習慣です。僕たちはオナニーという行動を減らすことによって、モテを目指しているのです。
それさえ分かれば、行動を減らす習慣を上手く継続するコツを、オナ禁にも使うことができます。

▲このページのトップに戻る

行動を難しくする
とはいえ、話はとても簡単です。
何か減らしたい行動があるのなら、その行動をとりづらくすればいいのです。

子どもの目の前にドーナツを置いておいたら、おやつの前に食べてしまいますよね。でも、手の届かない戸棚に隠しておけば食べられません。
これと同じことをオナニーという行動に対しても適用するのです。

僕たちが行動をするには、いろいろな前提条件が必要です。上の例なら、子どもがドーナツを「発見する」こと、「手の届く場所にある」こと、「子どもが甘いもの好きである」ことなどの前提条件が重なると、ドーナツを食べるという行動に発展するわけです。
「戸棚に隠す」ことで、これらの前提条件を成立させないようにすることができます。その結果、子どもはドーナツを食べるという行動を起こしません。

考えてみれば、僕たちは日常でこういうことをけっこうしていますよね。買い物を忘れないようにメモをとったり、鍵を忘れないように玄関に置いておいたり。

オナニーについても同じで、前提条件を成立させないようにコントロールするのです。
そのために、まずはオナニーをしてしまう際の前提条件を探ります。

・一人でいるとき
・エロいものを見たとき
・暇なとき

探せばもっとたくさんあるはずですが、たとえばこんな前提条件が挙げられますよね。もしあなたに特殊な前提条件(何かの匂いを嗅ぐと興奮するなど)があるなら、それもチェックしましょう。
前提条件が分かったら、それを成立させないような対策を考えます。

・一人でいるとき → なるべく家族といる、部屋のドアや窓をあけておく
・エロいものを見たとき → 見ないようにする
・暇なとき → 空き時間にすることを決めておく、予定を詰める

ここでお気づきだと思いますが、エロ禁というのはオナニーの前提条件を崩しているんですね。経験的に知っていた方も多いと思いますが、こうして検証してみると効果的な理由がよく分かります。

もちろん、「エロを見ない」行動をするための前提条件や、「予定を詰める」行動をするための前提条件も考えて整えます。ネットに接続する時間を決めるとか、いつも友達と連絡をとっておくとか、工夫の余地はいくらでもあります。

このように、きちんと意識して「オナニー」という行動の難易度を高めることで、ついついしてしまったという失敗を防ぐことができます。

▲このページのトップに戻る

報酬を用意する
さらにオナ禁を簡単にするために、がんばったときのご褒美を用意すると効果的です。

もちろん、僕たちの最高のご褒美は「可愛い女の子にモテる」ということですが、それはそれとして、自分で設定できるご褒美も作っておきます。

具体的には「1ヶ月続いたときは○○を食べる」などの報酬です。普段はちょっと手が届かないような高級品や、おいしいものを設定すると良いですよね。
これは後から考えるのではなく、最初に設定しておきます。そして「3日」「1週間」「1ヶ月」という期間の目標を定め、もし達成したら必ず自分との約束を果たします。
言葉にするとバカらしいかもしれませんが、実際にやってみると本当に嬉しくなるものですよ。報酬それ自体の嬉しさに、達成感が加わりますから。

ただし、1ヶ月続いたらオナニーをするというのはダメです。たしかに溜まっているときのオナニーは気持ちいいですが、終わった後に必ず喪失感に襲われるはずです。それは報酬ではなく、挫折です。

別の形での報酬としては、誰かに報告して褒めてもらうという方法もあります。「1ヶ月続いた!」と言って、「すごいね!」と言ってもらったら、ヤル気になりますよね。
オナ禁の場合にはなかなか家族や友人に言えないのが問題ですが、オナ禁仲間を見つけて報告しあうと良いと思います。もしよければ、当サイトのブログのコメント欄に報告していただくのも大歓迎です。そのときはもうめちゃくちゃ褒めちゃいますよ。
さらに継続効果を高めるために、「1ヶ月続ける」と先に宣言してしまうのも良い方法です。達成したときはさらに誇らしくなりますし、リセットすることへのプレッシャーにもなります。

このように報酬を作ることで、上手にオナ禁を続けていきましょう。

▲このページのトップに戻る

CONTENTS

■トップページ

■当サイトについて

■オナ禁の効果

■オナ禁の続け方
  ■はじめに
    ・オナ禁の続け方を考える前に
  ■大切な心構え
    ・オナ禁は本当につらいのか
    ・オナニー中毒
  ■オナニーで失うもの
    ・重要な知識
    ・5億人を作る力
  ■あなたを引き戻す心
    ・心のホメオスタシス
  ■具体的な方法
    ・オススメの方法
    ・明確な目標
  ■続けるためのコツ
    ・増やしたい行動と減らしたい行動
    ・行動を難しくする
    ・報酬を用意する
  ■もしもリセットしてしまったら
    ・オナ禁は続く

■リンク

■ブログ

COLUMN

サイドバーミニコラム・オナ禁ファイターのための出会い作り講座です。
最初から読む

■楽しい集まりといえば
これからご紹介するのは僕が出会い系を利用する際に使っていた必勝パターンで、できれば公開したくないですし、お金をとってもいいくらいのテクだと思っていますが……こんなマイナーサイトの片隅のコラムをここまで読んでくださったあなたにだけ、教えてしまおうと思います。
圧倒的にレスポンス率が高い募集文を作るキーワードは、「部活」「サークル」です。
出会い系を利用する女の子が求めているのは、日常の外側にある楽しい人間関係です。その二―ズに「部活」というキーワードが刺さるんですね。
部活といっても、実際はあなたと女の子の2人だけなんです。でもその関係を「部活」と表すだけで、ぐっと楽しそうな印象を与えることができます。
僕が使っていたのは「食べ歩き部」ですが、題材はなんだっていいんです。洋楽部でもいいし、アニメ部でもいいし、映画部でもかまいません。あなたが好きなものを選んでください。
そして、「入部者募集」と銘打って女の子にアプローチします。前のページでも言いましたが、あくまで男友達を誘う感じが大事ですよ。僕の場合は、「部長は一応僕だけど、どうしてもと言うならあなたが部長でもいいですよ」とか、「食べ歩き部員たるもの、女だからって小食じゃ困ります」とか冗談を交えつつ、あくまで楽しい感じを演出しました。
「部活」と言うと若い子が、「サークル」と言うと大人のお姉さんも含めて、3回書き込んで1回くらいは誰か反応してくれます。つまり1日に1人くらいの新しい女の子と連絡をとれるということです。バンバン連絡がくるとじきに無料ポイントが尽きますが、それは嬉しい悲鳴ですよね。そのときはサイトに感謝を込めて、ポイントを購入しましょう。
ワクワクとハピメ、それぞれで別の部活を演出し、違った層を狙うのも面白いかもしれません。
どうでしょうか。やる気になりましたか?
次のページへ

PR